チベット料理

こんばんは、サヤ子です。

 

先日、チベット料理を食べに行きました。

といっても目指していたわけではなく、偶然見つけたお店があたりだったので備忘録を。

 

プリタルカリ

 wikiに乗っていないんですよね。お店独自のものでしょうか。

揚げパンにカレー をつけて食べました。揚げパンといっても、カレーパンのような揚げではなく、春巻きの皮よりは分厚く、なんといったらいいのでしょう。

美味しかったです(語彙力)

ナンは見るからに多いなぁと最近思うのですが、こちらの揚げパンも最後の3枚目は割と重かったです。

 

モモ

モモ肉ではなく、蒸し餃子です。中央にある香辛料ペーストをつけていただくかたち。
こちらもそんなに辛くなく、むしろ上記のカレーの方があとからくる辛さがありましたね。

モモは小麦粉をこねて薄く伸ばした皮で、具を巾着状に包み、加熱した料理。
チベットでは、具は野菜とマトン、ヤクなどの肉が用いられる。
これを揚げた場合もモモと呼ぶことがあるが、通常はコティと呼ばれる。
作るのに比較的手間がかかるため、家庭での通常食ではなく、トゥクパと同様に特別食である。

 

トゥクパも特別食なのですね。

友達はトゥクパを食べていたような。

もう少し違った名前の気もしますが、また行くと思うのでその時にでもメニューを見ようかしら。

 

 

じわじわ異国の料理熱が再来中。

 

では、また。